株式会社ベルテックス

03-5338-5535

受付時間 10:00~19:00

価値ある不動産投資のコンサルティング

~ 不動産投資物件の売買 ~

INVESTMENT

About our investment property

当社ベルテックスが提供しているのは、単に物件の売買だけではありません。総合コンサルティングサービスとして、お客様の不動産を活用した住まい・資産形成のお手伝いをしています。

当社の収益物件はすべて売主物件としてご案内しているため、あなたは高額な仲介手数料を支払うことなく、たった数万円程度の手付金で不動産投資を始めることができるのです。

また当社は業界の中でも国内最大規模で金融機関と提携しており、金利1%台という優遇金利での融資付けも可能となっております。

さらに首都圏を中心に区分・一棟、新築・中古、さらには住宅と、すべてを売主物件で提供しているので、あなたの資産形成を考えるにあたり、ご状況や将来設計に合わせた最適な物件のご案内が可能です。

株式会社ベルテックスの投資物件について

Advantages and disadvantages of real estate investment

「投資」という言葉が表すように、不動産投資は不動産を用いたあなたの将来の資産形成を目的としておこなうものです。
IT化が進む現在は株式やFX、投資信託など様々な金融投資商品と比較されることの多い不動産投資ですが、
その特徴は「ミドルリターン・ミドルリスク」ということ。
ここでは不動産投資のメリットやデメリットを紹介しながら、不動産投資の魅力について紹介したいと思います。

不動産投資のメリット

レバレッジが最大限発揮できる投資方法として知られる不動産投資。
特に当社が提供する物件で不動産投資を始めると次のようなメリットがあります。

MERIT

  • 金融機関が積極的に融資をしてくれる唯一の投資方法
  • インフレに強く資産価値が高まる可能性が高い
  • 優遇金利を活用した融資受けが可能
  • 初期投資に費用がかからない
  • 個人年金の替わりになる
  • 一般的な生命保険と比べて10倍以上の効果が得られる
  • 長期にわたって収益が得られる
  • 年収400万円程度から始められる
  • 税金対策にもなる
不動産投資のメリット

不動産投資のデメリット

よく言われるよう不動産投資最大の弱点は「流動性が低い」という点です。
不動産は高額かつ一点ものであるため、一般的な商品と比べてどうしても即完売がしにくく、現金化が遅いというデメリットが生じます。

当社ではこの不動産投資の「流動性の低さ」をカバーするため、次の二点に重点を置いております。

COVER01

資産価値の高い物件のみをご提供

当社の売主物件は、首都圏を中心とした資産価値の高い物件をご提供しております。
当社は東京五輪の開催や経済施策によって人口流入が著しい東京都及びその近郊での土地・物件を厳選して買い付け・開発しており、金融機関からも評価を得られる資産価値の高い物件のみをご提供しておりますので、もしオーナー様が売却を検討される際も、買い手が付きやすいのです。

資産価値の高い物件のみをご提供

COVER02

全国への売却にも強みをもつ流通事業部を設立

現在日本政府が進めているインフレ転換への金融施策によって、今後、物件の価値が高まることも予想されます。当社では全国での不動産仲介売買を目的とした流通事業部を設立し、日本各地のエンドユーザーへ物件を販売・売却することが可能なようにすることで「流動性の低さ」というデメリットを回避するよう努めております。

全国への売却にも強みをもつ流通事業部を設立

Property handled by our company

現在、不動産投資で活用される物件は大きく「マンション区分・一棟」「新築・中古」の4つに分けることができます。
ここでは投資という点に注目しながら、それぞれの特徴をご案内いたします。

区分マンション

初めて不動産投資をおこなう方に最適なのが区分マンションでの不動産投資。つまりマンションの中で1戸のオーナーとなり賃貸者に部屋を貸すことで1戸分の家賃収入を得る方法です。首都圏の物件でも1,000万円~数千万円で始められ、また面倒でノウハウも必要となる管理も管理会社へすべて任せられるのが特徴です。

区分マンション

NEW

新築の区分マンション

初めて不動産投資をするあなたが20代~40代とまだ若く、売却も視野に入れつつも、長期間に渡って資産形成をしたいなら、新築の区分マンションで不動産投資を始めることをおススメいたします。最新の設備や備品が装備される新築のマンションは、中古の区分マンションと比べ資産価値が高く、減価償却の幅も最大限に活用できます。また長期間に渡っての所有がおこなえるため、新築の区分マンションでの不動産投資は相続対策としても有効な投資方法と言えるでしょう。

OLD

中古の区分マンション

新築マンションと比べ物件数が豊富で、価格やキャッシュフローにも優れ、家賃の下げ幅も低い中古の区分マンションは売却やリノベーションを視野に入れた投資活用が最適です。当社が売主として取り扱う中古区分マンションは、新築マンションと変わらないほどの資産価値があるものばかりなので、あなたに過度なリスクを背負わせることなく、あなたのご要望に合わせた物件のご案内が可能です。

一棟物件・アパート物件

区分マンションと比べ、どうしても価格帯は高額になるものの、その分、収益に優れ、DIY(自己修繕)をおこなうことでさらに収益性を高めることができる一棟物件。今、高年収の方を中心にオーナーとなる方も増えています。当社でも都内近郊を中心に新築アパートシリーズ「ベルメント」を展開しています。

一棟物件・アパート物件

NEW

新築の一棟物件・アパート物件

入居者が得やすく、耐用年数も最大限に活用できる新築アパート物件は、中期的な所有による資産形成をする際に最適です。当社のアパートシリーズ「ベルメント」でも7%前後の利回りを確保しており、インカムゲイン(家賃収入)とキャピタルゲイン(売却益)、双方を狙う上でバランスに優れているのが特徴です。

OLD

中古の一棟物件・アパート物件

中古のアパート一棟物件は、何といってもインカムゲインの良さが特徴です。ただ注意しておきたいのが安価な地方の中古アパート一棟物件。地方は今、人口流出に歯止めがかからず、アパートの入居率も年々低下しています。このような物件は家賃保証を付けられるケースが少なく、数年で入居者が来なくなり、赤字経営になりかねない恐れもあることは知らなければなりません。

Flow of trading

ここでは物件を購入する場合、売却する場合をご案内いたします。

物件購入の流れ

物件を購入する場合、通常は金融機関から借り入れをおこないます。
当社では提携する金融機関の優遇金利が活用できますので、有利な条件で借入をすることができます。

銀行融資を活用した物件購入の流れ

01
専用アプリケーションを使用したシミュレーション
02
購入申し込み
03
ローンの事前審査
04
事前審査承認
05
重要事項の説明
06
売買契約
07
ローンの本申し込み
08
金銭消費貸借契約(ローン契約)
09
残金決済・ 物件の引き渡し

物件売却の流れ

物件を売却するなら、ぜひ当社へ専任で媒介契約を締結してください。
日本全国に顧客をもつ当社へあなたが所有する物件の売却をお任せいただければ、
半年、一年とかかることも多い不動産の売却ですが、
短期間で買い手を見つけることが可能です。

お問い合わせ・ご相談はこちらから